マイホームの知識

不動産を見学する

マイホームの夢を実現しようとする場合、分譲マンションか一戸建てのいずれかを選択することになりますが、自由気ままな暮らしを追求するのであれば、やはり一戸建てにアドバンテージがあります。 隣戸と一定の距離がある一戸建ては、騒音問題が発生することもないのです。 さて、そんな一戸建てを建設するのであれば、ハウスメーカーか工務店に施工を依頼することになりますが、工務店の方が建設コストが低いため、低予算でも理想の住まいを実現できる可能性が高くなります。 また、設計の自由度も高いことが多く、費用さえかければ大体のことは実現可能なのです。工務店というとアフターフォローを心配する声もありますが、最近はその点も充実している状況なのです。

一戸建ては新築と中古がありますが、どちらがよいのかは人次第です。安いのは間違いなく、中古であり、そのほうがかなり費用を抑えられるのです。しかし、人によって、人が住んでいたところに住むのが嫌だということもあります。もちろん、そもそも賃貸であってもそうした側面はあるのですが、それでもせっかく家を買うならば新築がよいと思う人は多いのです。 新築一戸建ては、どうしてもご祝儀価格なっているのです。つまりは、数割程度、買った瞬間に下がることになります。ですから、資産価値としては、新築一戸建ては確実に下がるものです。 そのあたりが、新築一戸建ての最大のデメリットなのですが、それでも新しいこと自体にメリットを見出す人もいますし、それは個人の自由です。