2つの選択肢から選ぶ

明るいリビング

新築住宅を購入する場合、新築住宅の良さは何でしょうか。まず、新築は誰も住んだ経験がないことです。実際にある調査では、新築住宅の魅力の一位は誰も住んでいない家だからというものがありました。 やはり何と言っても日本では誰も住んでいないことに価値があります。中古というだけで価値が落ちてしまうと言うのはあまり合理性がありません。例えば一回使っただけで、あるいは一日住んだだけで価格が大きく下落すると言うのは日本人の潔癖さを表している結果と言えるでしょう。 これに対して中古の良さはなんでしょうか。中古の良さは新築にはない価格の安さです。そうです。中古と新築は表裏一体なのです。 では、もし住宅を買うとしたらどちらを選ぶべきでしょうか。

新築住宅を購入する場合は、新しさを求める代わりに、価格が高く設定されている点は我慢をしなければならないところです。これは、新築住宅の宿命と言われるところです。かつての景気が良かった時代はまだ多少お金がかかっても新築を買いたいという考え方はよかったかもしれません。 ですが、最近のように不景気の場合は、余程お金に余裕がない人でない限り、冷静に考えるとメリットはそれほどないのです。 これに対して中古住宅の場合は、中古ゆえに安いですが、その分人が住んだことを気にしないか、我慢しなければならないのです。ただ、最近はリフォームやリノベーションができるので、二つの違いはそれほどないように感じている人も多いと思います。